Tel.026-72-7271

工藤克哉様
施主への思いやりと建築への誠意にあふれる
会社です。
おかげさまで、憧れの田舎暮らしを満喫しています

青年会議所活動で専務と知り合ったのがきっかけ

内装実のところ、城取建築設計事務所に出会う前は、本気で家を建てようとは考えていなかったんです。いつかは我が家を持ちたいし、アパート暮らしで家賃を払い続けより、新築してローンを払った方がいいかなぐらいの気持ちでした。
3年ほど前でしたか、青年会議所(JC)の長野ブロックの集まりで城取専務と知り合いました。彼は伊那JCで、私は上田JCだから、普段は別々に活動しています。だけど初めて顔を合せたのに、そんな気がしない。同い年でもあったし、すぐに意気投合しました。彼が設計事務所で営業をしていると聞いて、お酒を飲んだ折、「家を考えているんだ」と話してみたんです。
家を建てるなら、人里離れた静かな土地にして、自然を眺めながらゆったり過ごしたい。家そのものは小さくて構わないから、ヨーロッパの田舎暮らしみたいに素朴でいてオシャレな雰囲気にしたい。そんな取りとめもない話をしたら、「絵だけでも描いてみようか」と言ってくれて、次に会ったとき早速設計の井上さんが描いた小さなラフスケッチをもってきてくれたんです。
それを見た妻が「この家がいい!」って。心の中で思い描いていた通りだったんですね。私も絵に描かれた家で暮らす自分たちのことが、ごく自然に想像できました。当時はまだ土地も決まっていなかったのに(笑)。

素人の想いを汲み取ってプランに活かしてくれた

写真コンテストの様子わざわざ伊那の会社にお願いしたものかどうか初めは迷いました。土地の候補が見つかって、城取さんと井上さんに付き合ってもらったときも、まだ決めかねていました。
ところが、現地についてあれこれ話していたときのことでした。敷地に落ちていた空き缶を井上さんが拾ったんです。建築はもとより、土地の購入さえ契約前だったから、僕らが城取建築設計事務所にお願いしてここに家を建てるなんて分からない。なのに井上さんの所作は、とてもさりげなくて、しかもさも当たり前のようでした。建築に対する誠意みたいなものを強く感じました。その瞬間に契約を決めました。この会社に任せたら間違いない。むろん城取さんの人柄にも安心していましたし、そこから話はとんとん拍子に進みます。
家づくりの過程は楽しかったですね。妻も私も言いたい放題に夢を語って、打合せが終わると決まってお酒を飲んで。また家づくりの話で盛り上がる。だから月1回の打合せが待ち遠しくて。こちらに来てもらうだけじゃなく、伊那で打ち合わせることもあったけれど、全然苦にならなかった。あっという間の1年半でした。
コミュニケーションがうまくいったのは、城取さんの存在が大きい。僕らは建築に関して素人だから、プロの設計士さんの言うことが時折分からないわけです。でも、腰が引けたり遠慮したりして素直に疑問が口に出ない。そんなとき、城取さんが僕らを代弁して質問してくれた。あれはとても助かりました。
こちらの要望に対して、まさに打てば響く具合に提案してくれた井上さんの設計力もやっぱりすごい。荒唐無稽な注文を言っても、その意を汲み取って、具体的で現実的なアイデアに落とし込んでくれる。自分たちが好き勝手言ったことを棚に上げて、次の打合せのときは、どんなふうにプランが進化しているか楽しみでしかたなかった。とてもいい時間が過ごせました。

きめ細かな対応が、住み心地のよさにつながる

我が家が建つのは、城取さんや井上さんと一緒に見た場所です。林に囲まれた400坪の土地で、前には川が流れていて、その向こうに山が見える。人の声より鹿の声を聞くことの方が多くて、狐や狸、猪も出る。市街地からそれほど離れていないのに、まだまだ自然がたくさん残っています。このおおらかな景色をリビングに居ながら楽しもうと、開口部を大きくしてもらいました。中心には薪ストーブがあって、なんとも居心地がいい。妻も私も愛犬も、みんな大好きな場所です。
ビルトインガレージを加えても42坪の小さな平屋なんです。最初に描いてもらったラフスケッチのイメージのままの可愛らしい外観も、使い勝手とデザイン性がうまく調和した和モダンな内観も気に入っています。室内のドアには、犬の肉球模様を遊び心であしらってもらいました。キッチンカウンターは無垢の一枚板で、ビールサーバーも付けてもらっちゃいました。友人が集まったときには大活躍です。ちょっと贅沢でしょ。
そうそう。建築が始まってからのことです。図面では分からなかったのですが、キッチンに立ってリビング越しに外を眺めると目に障る柱がありました。「取ってもらえますか」と言ったら、さすがに城取さんたち「うーん」と唸って考え込んだのですが、それでも対応してくれました。もちろん強度も万全です。
そんな融通がきくのも、城取建築設計事務所の経験知の豊かさと誠意あってこそでしょう。痒いところに手が届くきめ細かさも素晴らしい。それは住み心地にダイレクトにつながるんですね。とにかく家にいたいんです。休日も買い物は午前中にさっさと済ませ、家での時間を楽しんでいます。

トップへ戻る